ビジョン

”共に感動する”  我々は、サービスやソリューションの提供を通して、お客様と感動を共有したい。そんな思いで、サービスの展開や、お客様からのシステム提案依頼、開発を請け負っております。
日本でもっとも小さなSIerとして、お客様と価値を共有し、いっしょに成長したいと願っております。
世界的奉仕活動の組織であるロータリークラブに”4つのテスト”という職業人としての倫理基準があります。ロータリークラブは、1905年にポール・ハリスとその仲間たちが、さまざまな分野の職業人が集まって、知恵を出し合い生涯にわたる友情を育む場として発足しましたが、社会的な背景としては、さまざまな人種、国々の人々が混とんと入り乱れ、ビジネスの倫理が乱れ、本来の職業の基本である助け合いからかけ離れ、だましてお金儲けする人々が横行していた時代でもあります。
現代社会のネットワークを経由したビジネスは、当時のシカゴの状況に似ていると私は思います。ステマが横行したり、無料で釣ってもっと高額のものを購入させようとしたリ。
我々は、良いサービスであれば、お客様もその価値に見合った対価をお支払いいただける。また、サービス提供側は常にお客様と価値観を共有することよって更に良いサービスを提供できると考えます。
現代社会においても、お客様へのシステム提案や、社内において仕事をしていく中でも、その言動や、行動をこの4つのテストに照らし合わせて行動することによって、倫理感のあるまた、お互いをいたわり合う関係が生まれると信じております。

【4つのテスト】

Is it the truth?
真実かどうか
Is it fair to all concerned?
みんなに公平か
Will it build goodwill and better friendship?
好意と友情を深めるか
Will it be beneficial to all concerned?
みんなのためになるかどうか
株式会社ひけしや
代表取締役 槇 俊徳

社名の由来
ソフト業界では、稼動を始めたシステムのトラブルやバグが発生することを「火が出た」と称することがあります。
私たちはその「火」を確実に消す、「火」を発生させない“ひけしや”なのです。ひけしを宣言したからには、クライアントの要望に確実に応える。社名にはそんな自信を込めました。